スマートな隠居を、あらゆる世代へ

宗教法人特化

檀家数が減少。墓地にも空きが…慈悲の力を発揮するため、まずはご住職の不安を一掃することから始めましょう。世界経済と国勢についての最新情報をふまえ、10年後の将来像がみえる寺社経営を提案します。

詳しくみる⇒

個人向け業務

葬祭業者、医療関係者、宗教者との連携を密にしています。遺言・相続・家族信託・死後事務委任、墓地のこと(改葬、散骨、樹木葬、手元供養等)。宗教者や葬儀社と連携し、偏らない視点でアドバイスします。

詳しくみる⇒

起業・許認可

任意団体の社団・財団法人化から公益認定申請、リスタートや主婦の起業など、各種法人の立ち上げ・運営を手厚くサポート。外国人による法人立ち上げ時、入国管理局への在留資格認定申請も行います。

詳しくみる⇒

資金計画

次世代を育てあげるのに20年。リタイアメント後が30年。そして自身の老後の前にやってくるかもしれない親の介護。世代交代は、一大引き継ぎプロジェクト。ハッピー・リタイアメントのための資金計画はお任せください。

詳しくみる⇒

ポリシー

  • 個人事務所ならではの柔軟な対応(相談のみから、手続き一括代理まで)
  • ご予算が心配なときは、下限(手付)のみお預かりし、日当や書類作成量に応じ段階的にお見積りし、上限ここまでとするダブル定額も採用しております
  • 鉄壁のセキュリティClubOneSystemsを導入。お客様の情報を守ります

講演・著述活動

中世の寺社は、孤児院であり、名づけ親であり、寺子屋であり、職業安定所であり、仲人であり、集会所でもあり、そして葬祭の担い手でもありました。縁切寺、駈込寺など、一般社会を追われた人のアジール(聖域)として機能したお寺もありました。
寺社こそが、地域再生のカギを握っています。

詳しくみる⇒

著書と自己紹介

●お寺とうまくつきあいたいかた、墓じまいでお悩みのかたのために書きました。
僧侶のかたからは「法話のヒントになる」と好評をいただいております。
(2017年11月発売)

●共著です。5章「墓じまいと散骨」の項を書いています。
(2018年6月発売)

●監修本です。
お墓を大事にする人は、豊かになる! というお話。
(2018年7月発売)

by 公開日:2018年7月5日 更新日: