スマートな隠居を、あらゆる世代へ

高齢

ひとりで去るのは寂しい。
仲間が死んだら葬式くらいだしたい!

住民の思いが集結して、自治会葬をはじめた東京立川の都営住宅(通称:大山団地)が注目を浴びています。
紹介記事は、こちら

拙著『聖の社会学』でも書きましたが…

死ぬときのお金の心配は、しなくていいのが当たり前

なんです。

ところが、ここで私はふとギモンに思いました。
なぜなら私は小1から中3まで高島平団地に住んでいましたが、

当時は高島平団地でも、ふつうに自治会葬をやっていた!

んですよ。
団地のなかでも大きな棟の1F部分は集会所になっていて、
日ごろは書道教室や絵画教室として使われているんですが、
空いている日の夜にはときどき、通夜・葬儀が行われていました。

宮型霊柩車が来ることもありましたが、40年前当時、
それを「線香臭い」といって非難する声はありませんでした。

しかし今、こうやって自治会葬をやる団地が脚光を浴びるということは…
いつしか反対運動でどこの自治会も葬儀をやることと禁じるようになり、
きっと高島平でもやっていないということなのでしょう。

でも、たったの40年前ですよ。

余裕のある人は葬祭ホールで葬式をやって、お金に余裕がなければ自治会で葬儀をやればいい。
そう、まさに「死ぬときのお金の心配は、しなくてよかった」時代と思います。
そういえば……地方都市の下関ですが、20年まえに亡くなった伯父の葬儀も、集会所での通夜でした。

いまは、マトモな社会への折り返し点

ドリフの全員集合がなくなったころから、落ち着きのない生徒には病名をつけて〝通級〟させるようになり、病気や死という、誰にでもいつか訪れるハズの、でも〝効率と成績を気にする社会では、あったらちょっと困ること〟を忌避するような社会になってきたように思います。
全員集合があったころは、全国どこのクラスにも志村けんがいて、高木ブーがいて、加藤茶がいる、ということが許容されていましたから。

そしていま、自治会葬が見直され始めたということは、ここがまさに折り返し点なんじゃないかと。
葬儀のときのお金の心配など、しなくていいのが健全な社会です。

まともな葬儀供養を、取り戻していきたいものです。

不動産による資産運用は、安定した不労所得で老後資金の不足を補う得策とされてきました。

しかし、現在の日本の住宅事情は「家余り」です。

topi8601総戸数を総世帯数で割ると、1.13。13%の家余りとなっており、その割合は次第に上昇しています。
(総務省統計局「平成25年住宅・土地統計調査結果」より。←図が見づらい場合は、こちらのリンクをクリックしてみてください。)

そのうえ、いまから35年後の2050年には、わが国の人口は現在より3千万人ほど減少し、1億を割り込むことが予想されています。

 

そして、空き家の半数以上は「賃貸用物件」。

これまでも不動産賃貸を手掛けてきた人が、退職金で投資物件を増やすというのでしたらリスクはまだ少ないでしょう。

しかし、不動産賃貸が初めてというかたは、投資物件を斡旋する業者の口車に乗せられてしまいがちです。
投資物件を勧められて、購入を検討されているなら、次のようなポイントで考えてみましょう。不安な点は、仲介業者にどんどん尋ねましょう。

・業者の言う「収益率」(表面利回り)は、あくまで満室を想定した場合である。

・表面利回りには、仲介手数料や、物件を取得する際の不動産取得税、登録免許税、司法書士や土地家屋調査士などへの報酬といった「取得費用」、また「固定資産税」や火災保険、補修費用などのランニングコストが含まれていないことが多い。

・ひと昔前は、「バス・トイレ一体型」のホテルタイプのワンルームが人気だったが、現在は「バス・トイレが別」物件のほうが埋まりやすい。家族の形態が変わるとともに、10年をめどにリフォームを行わなければ空き室が増える。それを予算に加えても黒字が残るのかどうか。

・今後数十年の見通しとして、日本人の人口減に伴い、外国人労働者の流入で人手不足を補うことになる。外国人が居住できる物件(近隣関係やマンション自体の規程を確認)であるか否か。

ほかにもいろいろ考えられますが、不動産投資を考える場合には、仲介業者の話を鵜呑みにせず、数十年先のわが国の社会状況、経済状況を見通した上で判断をする必要があるといえます。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ

後見は、判断能力が衰えたときに本人を保護する制度

結論から言うと、「寝たきり状態」になっただけでは、成年後見制度を利用することはできません。後見は、“判断能力”に問題が生じた場合の制度だからです。

続きを読む

●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,573人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『心が軽くなる仏教とのつきあいかた』(1500円+税)
 11月28日啓文社書房より刊行予定です。

・11月22日(水)、24(日)「お墓のみとり」(東京・大阪)にてお話しします。
・11月28日(火)曹洞宗有道会全国大会にてお話しします。
・12月9日(土)埼玉県立正寺にてお話しします。
・12月16日(土)「誇り塾」(黒田記念館)にて田中利典さんとお話しします。
【2018年】
・春から6回シリーズで、埼玉県立正寺にて連続講座開催予定です。
・1月25日(木) 総和会埼玉県支部にてお話しします。
・2月6日(火) 愛媛県西条市の佛教青年会にてお話しします。
・2月28日(水) 埼玉県佛教会の入間東部支部にてお話しします。
・6月5日(火) 関東総和会シンポジウムにてお話しします。
・10月25日(木) 浄土宗山形教区にてお話しします。
・11月1日(木)総和会山形支部にてお話しします。
-----
【過去の情報】
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして『寺院消滅』の鵜飼秀徳氏、「月刊住職」の矢澤編集長とともに登壇しました。
・11月2日(木)曹洞宗学術大会にて「正法と法律 ~AIBOの供養とペッパー導師で考える~」を発表しました。
・10月19日(木)真言宗智山派研修にてお話ししました。
・10月1日(日)真言宗豊山教員連盟(千葉)にてお話ししました。
・9月15日(金)曹洞宗岐阜県宗務所青年会共催研修会にてお話ししました。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話ししました。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話ししました。
・7月26日(水)岩手県立大学社会福祉学部 宮城好郎ゼミにて、お墓と僧侶の社会貢献についてお話ししました。
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話ししました。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。