スマートな隠居を、あらゆる世代へ

アセットアロケーション(=資産配分)をご存じですか。

簡単に言うと、同じ時期に下がる資産と上がる資産とをうまく配分して、全体資産がいっぺんに目減りすることを防ぐことです。

この資産配分が、相続によって大きく崩れたままになっている、というケースがよくあります。

練られたポートフォリオは、1つの作品

ちなみに、アセットアロケーションと似た概念でポートフォリオというのもあります。これは、資産運用している当人が独自に練って完成させた1つのアセットアロケーションの配分そのもののこと。「ポートフォリオを見直す」といえば、現状のアセットアロケーションをよりよくする、ということになります。

アート方面のクリエイターが作品を入れたファイルをポートフォリオと呼ぶことがあります。

それと同じように、出来上がったポートフォリオは資産家にとっての工夫が凝縮された、ひとつの作品なのです。

もちろん、金融という舞台は常に流動していますから、円が強い時期と弱まる時期とではポートフォリオの中身もおのずと変わってきます。ポートフォリオは随時見直され、練り直されてゆくものなのです。

1つの完成されたポートフォリオを複数の子どもたちで分ければ、当然にバランスは崩れます。

たとえば、父が輸出に強い自動車系の株と、円高円安にあまり影響を受けない食品系企業の株と、国債など安定性のある資産を組み合わせたアセットアロケーションにしていたとします。

自動車会社に興味があるといって兄が自動車系の株をもらい、食品会社に勤める次男が馴染みがあるからと食品系会社の株をもらい、運用にあまり興味がない長女が国債をもらったとすると、円高で輸出が渋れば兄の資産は激減し、弟は食品系の株ばかり(勤務先の株も持っている!)、最悪のアセットアロケーションになってしまいます。

遺産分割のときは、こうしたことも含め、柔軟に考えてゆきたいものです。

●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,573人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『心が軽くなる仏教とのつきあいかた』(1500円+税)
 11月28日啓文社書房より刊行予定です。

・11月22日(水)、24(日)「お墓のみとり」(東京・大阪)にてお話しします。
・11月28日(火)曹洞宗有道会全国大会にてお話しします。
・12月9日(土)埼玉県立正寺にてお話しします。
・12月16日(土)「誇り塾」(黒田記念館)にて田中利典さんとお話しします。
【2018年】
・春から6回シリーズで、埼玉県立正寺にて連続講座開催予定です。
・1月25日(木) 総和会埼玉県支部にてお話しします。
・2月6日(火) 愛媛県西条市の佛教青年会にてお話しします。
・2月28日(水) 埼玉県佛教会の入間東部支部にてお話しします。
・6月5日(火) 関東総和会シンポジウムにてお話しします。
・10月25日(木) 浄土宗山形教区にてお話しします。
・11月1日(木)総和会山形支部にてお話しします。
-----
【過去の情報】
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして『寺院消滅』の鵜飼秀徳氏、「月刊住職」の矢澤編集長とともに登壇しました。
・11月2日(木)曹洞宗学術大会にて「正法と法律 ~AIBOの供養とペッパー導師で考える~」を発表しました。
・10月19日(木)真言宗智山派研修にてお話ししました。
・10月1日(日)真言宗豊山教員連盟(千葉)にてお話ししました。
・9月15日(金)曹洞宗岐阜県宗務所青年会共催研修会にてお話ししました。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話ししました。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話ししました。
・7月26日(水)岩手県立大学社会福祉学部 宮城好郎ゼミにて、お墓と僧侶の社会貢献についてお話ししました。
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話ししました。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。