スマートな隠居を、あらゆる世代へ

最近の改葬で、しばしば聞かれることです。
改葬をお考えのかたの多くは菩提寺とのつきあいがなく、市営霊園などから樹木葬や桜葬への移転であることが多いため、宗旨(菩提寺の宗派)へのこだわりもなく、葬儀も無宗教や自由葬を好まれるかたが多いので、“御霊抜き”の儀礼をするために僧侶にお布施を払うことに抵抗があるのもわかります。

戒名がついていれば、仏教式で供養されている

しかし、いざ相談でご自宅へうかがい、改葬許可申請書に記載する死亡日時をうかがうと、奥の間からお位牌をお持ちくださいます。お位牌には、当然ながら亡くなった日の記載とともに戒名も刻まれています。

戒名をいただいているということは、仏式で御霊を弔ったということです。
そのお戒名が墓石にも刻まれているということは、お位牌と墓石への“御霊入れ”の儀式をなさったということ。
この場合、私は「御霊が入っているまま処分するというのは、片づける石材店さんも嫌がると思います」とご説明しています。

供養の本質とは何か?

墓石は天然石であることがほとんどですが、山や河原に転がっている石と同じでしょうか。なんらかの儀礼をおこなって“御霊を眠らせている”から、語りかけの対象となっているのではないのでしょうか。

昨今はご遺骨への信奉が強く、ご遺骨そのものが語りかけの対象となってしまうことも多いようですが、土葬でなくともご遺骨はいずれもろくなり、骨壺のなかで次第にかさが減り、時間をかけて自然へ回帰してゆくものです。

対して、孫やひ孫の代までも拝めるようにと建立されるのが墓石です。骨はもろく朽ち果てても、語り継ぐ者がいるかぎり御霊は朽ちることがないという信念からです。

その御霊を思いやり、語りかけることが、ご供養なのではないでしょうか。
いまは亡き御霊に語りかけることで、自分自身にも新たな気づきが生まれたり、生きかたそのものが変化したりということもあります。
ご供養(=“御霊”という目には見えないものへ思いを馳せる行為)は、過ぎ去った日々への懐古(ノスタルジー)であると同時に、思いを馳せる当人の余生を大きく変える力を持つ行為でもあるのです。

“御霊抜き”するもしないも個人の自由です。数十年前に御霊を入れてあると言われても、気にせず無宗教を徹して御霊抜きなしで墓石を撤去しても、法的な罰則はありません(※)。
※撤去工事を請け負った元請け業者が自社で処分をせず、下請け業者に運搬等を依頼した場合、その下請け業者が産廃業許可を受けていなければ業法違反である、というだけの話で、撤去工事の依頼者には罰則はありません(東京都の場合、2016年執筆当時)。

しかし多くのかたは、たとえば翌年に親類縁者の誰かが重病になったり事故に遭ったりすると、「あのとききちんと御霊抜きをしておかなかったからではないか」と懸念してしまうものです。無宗教を徹していらっしゃるご本人はそう思わなくても、周囲から囁かれれば、心中無事でいられるとは限りません。

ご自身が「人は死ねばゼロ、何も残らない」とお考えであるとしても、周囲はそう考える人ばかりではないのです。
死と葬送にかかわる儀礼は、民俗の歴史のなかで何千年を通じ培われてきたものです。一世代ごとどころか5年10年で世間の捉えかたが激変してゆくいまの日本の状況は、異状といえば異状。迷いや不安が生じるのも当然です。

あしき慣習に固執する必要はありませんが、死が忌避されるものである以上、たとえ死後に何も残らないとお考えであったとしても、供養そのものに意味はあるのです。死者のためというより、遺された者のための要素も、少なくありません。

ひとりの死者のまわりには、顔を見知った多くの生者がいます。
納骨のときや墓をしまう機会には、一歩立ちどまり、「御霊があると考える人もいる」ということに少し思いを馳せてみるのもよいのではないでしょうか。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ