スマートな隠居を、あらゆる世代へ

「私が死んだら、この規模の葬儀をしてここへ納骨してください」ということを社団法人やNPO法人へ依頼し、料金を前納して契約をかわす「生前契約」。その契約内容は、あなたが亡くなる頃も、妥当でしょうか5年前には直葬も散骨も普及していませんでした。あなたが亡くなる頃にはもしかすると散骨が法定されるなど(2016年2月現在、まだ法律では禁止も許可もされていません)、いまよりさらに経済的負担なくことが運ぶかもしれません。

また、その法人は20年後30年後も存続しているでしょうか。

公益社団法人やNPO法人は、毎年官公署への事業報告が義務づけられており、認定基準に永続性も含まれています。

しかし、多くの団体は、創設者の強い意思や人脈、カリスマ性で成り立っていますので、代表理事の交代とともに体質や運営方針が変化していくことも少なくありません。

仮に、「契約金の大半は事務所の維持費などに消え、契約時に予想していたのとは異なる方法、たとえば数万円で送骨納骨や便乗散骨にされるとしても、やはり誰にも迷惑をかけたくない」というお考えであれば、生前契約されておくのが安心でしょう。

墓のある法人との生前契約がおすすめ

お寺の永代供養墓を契約していれば、そのお寺と「死後事務委任契約」を結んでおくのもひとつの方法です。

今後は公益法人の運営する永代供養墓なども増えてくるでしょうが、その場合も同じです。

契約した墓地の管理者と生前に死後事務の委任契約をし、元気なうちは年に数回訪問して、昨今思うことや葬儀埋葬についての要望を話しておくのです。

そうすれば、事務担当者も個人的に親近感をもってくださいますし、親族に近い縁を新たに結んでいくのに近く、安心できるでしょう。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ
●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,573人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『心が軽くなる仏教とのつきあいかた』(1500円+税)
 11月28日啓文社書房より刊行予定です。

・11月22日(水)、24(日)「お墓のみとり」(東京・大阪)にてお話しします。
・11月28日(火)曹洞宗有道会全国大会にてお話しします。
・12月9日(土)埼玉県立正寺にてお話しします。
・12月16日(土)「誇り塾」(黒田記念館)にて田中利典さんとお話しします。
【2018年】
・春から6回シリーズで、埼玉県立正寺にて連続講座開催予定です。
・1月25日(木) 総和会埼玉県支部にてお話しします。
・2月6日(火) 愛媛県西条市の佛教青年会にてお話しします。
・2月28日(水) 埼玉県佛教会の入間東部支部にてお話しします。
・6月5日(火) 関東総和会シンポジウムにてお話しします。
・10月25日(木) 浄土宗山形教区にてお話しします。
・11月1日(木)総和会山形支部にてお話しします。
-----
【過去の情報】
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして『寺院消滅』の鵜飼秀徳氏、「月刊住職」の矢澤編集長とともに登壇しました。
・11月2日(木)曹洞宗学術大会にて「正法と法律 ~AIBOの供養とペッパー導師で考える~」を発表しました。
・10月19日(木)真言宗智山派研修にてお話ししました。
・10月1日(日)真言宗豊山教員連盟(千葉)にてお話ししました。
・9月15日(金)曹洞宗岐阜県宗務所青年会共催研修会にてお話ししました。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話ししました。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話ししました。
・7月26日(水)岩手県立大学社会福祉学部 宮城好郎ゼミにて、お墓と僧侶の社会貢献についてお話ししました。
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話ししました。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。