スマートな隠居を、あらゆる世代へ

留学生で、週28時間までの「資格外活動許可」を得てアルバイトをしている人が、アルバイトの時間を超過してしまった場合。次回の在留資格更新や変更のとき不許可になる場合があります。

せっかく就職が決まっているのに、アルバイトの時間数が多すぎたために帰国しなければならないことも。

多少のオーバーであれば、理由書で助かることもあります。
しかし、ご自身で書いた理由書を一度提出して不許可になったり、追加書類の提出を求められたりしたあとでは、取り返しがつかなくなることがあります。

すんなり許可になりそうにない事情がある場合は、費用はかかりますが、先にご相談いただくのがスムーズな在留資格取得の早道です。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ