墓じまい・離檀・遺言・相続・家族信託。老いじたくをトータルサポート
こちらOK行政書士事務所
マナーモードで着信。料金当方負担で折り返します

講演■日蓮宗「法華塾」にてお話ししました

日蓮宗僧侶を中心とする独自の勉強会にて、「これでいいのか日蓮宗」という厳しいお題でお話ししました。
「あの世(お浄土)」で救済されることを主張する念仏行者が主流となった鎌倉時代中期以降、日蓮上人は「この世」で救われる道として法華経を説かれました。

日蓮上人は念仏を中心とする他宗を批判したことが知られるため、ときとして攻撃的な印象を持たれがちですが、当時の情景をきちんと思い浮かべれば、事実は違っていたことが想起されます。

念仏行者のなかには、「自力は否定されるから祈りはいけないんだ」、「阿弥陀様はなんでも救ってくれるんだから、何をしてもいいんだ!」と横暴をきわめる人々がいたのです。

日蓮上人はあくまで、仏教者といいながら横暴を極める「外れた念仏行者」に向けて非難の目を向け、そうならないための道を求道されたと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA