スマートな隠居を、あらゆる世代へ

お寺とのつきあいは、なぜ面倒になってしまうのか?

昨今は臨床宗教、実践宗教という言葉も使われるようになり、人が亡くなってから駆けつけるのではなく、生老病の苦しみにある方のためにも活動しようという動きが宗教者の間で隆盛です。

しかし、心あるお坊さんがたから頻繁に耳にする言葉があります。

被災地のおじいちゃんおばあちゃんの話は聞けるのに、檀家のおじいちゃんおばあちゃんの悩みをほとんど聞けていない。(もっと気軽に話しかけてほしいのに)どうしてだろう?

お寺と檀信徒のすれ違い

いっぽう、檀信徒側の思いは、こんな感じでしょう。

☑お墓のあるお寺の和尚さんに相談すれば、親戚一同が知り合いなので、いずれ誰かにバレてしまう。

☑ご近所の目があって、菩提寺に頻繁に相談になど、行かれない。

☑死んだあとまで読経してくれる人に、夫婦間トラブルがあったなんて話したくない。

☑和尚さんにはなるだけ、温厚でトラブルとは無縁の家庭だと思われたい。etc.etc…

言いたいことが自由には言えない関係なのです。「そんなことは気にしなくていいから」といかにお寺側がアピールしたところで、この関係は崩れません。

ですから私は、こんなふうに提案します。

町医者にも大学病院にもかかっていい。
お墓のある寺と、日常相談する寺は、違ってもいい!

病院だって、死にいたるような病気のときは、手術や精密検査のできる大病院の世話になるかもしれませんが、日常的には町のかかりつけ医とつきあっています。町医者から大病院へは紹介状というものでつながっていて、お互い患者を取ったの取られたのと恨みあう関係ではありません。

お寺も同じこと。

死んだあとで入るお寺(お墓のあるお寺)と、日常的に催しに参加したり、人生相談をしたりするお寺は、違っていてもいい。頼れるお寺が複数あっていいと思います。

お寺さま側もどうか、「ウチの檀家がよその寺の坐禅会に出ているらしい! まもなく離檀するつもりなのでは?」などと懸念なさらないでください。

日本人は、囲い込まれることが苦手

加えて、会員制倶楽部を愛するような一部のお金持ちを除いて、多くの日本人は「囲い込まれること」がとても苦手です。

お寺が名づけ親であり、寺子屋であり、仲人であり、職業紹介所であり、集会所でもあった中世の頃。檀信徒関係は、囲い込まれるものではありませんでした。村の者たちが「みな所属しているから」ウチも所属しているのであって、会費などで特別に囲い込まれた関係ではなかったと思います。

現在の檀信徒関係は、囲い込みでしかない

しかし、戦後サラリーマンが主流の社会になると、地域よりも企業への帰属意識が強くなりました。sinibasho
都市部では、檀家が車で40~50分以上も離れたところに点々と離散してゆきます。
また、人が亡くなる場所が自宅から病院主流となると(昭和51年を境に、自宅で亡くなる人よりも病院で亡くなる人の数が多くなりました)、葬儀の主導権は寺から葬儀社へとバトンタッチされ、全国各地に葬祭ホールが建って、お寺が葬儀の主体ではなくなってしまいました。

結果として、寺と檀信徒とをつないでいるのは「年間管理費」であり、「回忌法要のお布施」です。

囲い込むと、お釈迦さまの教えの対極にいる人だけが檀家として残る

自由意思による志(ご喜捨)、お布施、寄附ではなく、慣習等で決められた財(=会費)中心で成り立つ宗教法人は、貧富の差や出自に関係なく、あらゆる人を“分け隔てなく救済する”という伝統宗教の良さを失っていきます。

これは、いわゆるカルト教団等が、

ここにいるあなたがただけが救われます、
あなたがたは何もしなくても幸せです。なぜなら、ここにいない人びとが自然と地獄に堕ちてゆくからです

などと力説するのを思い浮かべれば、容易にご理解いただけると思います。

本当に救済すべきは、誰なのか

寺檀関係はネジレの構造です。
離檀してまで改葬を望む、という人は、お寺にとっては非常識かつ非礼きわまりない人かもしれません。しかし大半は、伝統儀礼を大事にしたいと願う良識的な人です。
⇒ 「離檀料を請求されたときの話しかた

心底お釈迦さまの教えを必要としている人を見逃し、
「お寺にとって都合のいい檀信徒」とだけつきあっていませんか?

日々生きることも辛く、仏教の教えにすがりたい!と心底願う人がお寺から離れていってしまい、逆に、死んでしまいたいほどの悩み苦しみはなく、むしろこの世のしがらみや体面を繕いながら「嫌われずに生きたい」と願う人が、現状では「お寺にとって都合のいい檀信徒」になっています。

「せめて親戚の手前、葬儀にお坊さんくらいは呼びたい」という願いは、ある意味、この世のしきたりや姻戚関係に気を遣っての発言。お釈迦さまなら、「そんなことに固執してもしょうがない」とおっしゃったことでしょう。

墓や法名(戒名)の格や院号に固執するのも同じこと。
たとえば、「本堂改修のとき、うちのおじいちゃんは何百万円のお布施をした」という事実に末代までとらわれ、「だからあなたの代でも恥ずかしくない金額をお布施しなさい」と親から言われる、といった日本仏教界にありがちな慣習をお釈迦さまが耳にされたら、どんなに嘆き悲しまれることでしょう。

仏さまの力で救済すべきは、どういう苦悩を抱えた人であるのか

いつもこの点を念頭に置いていただければ、宗教法人の運営方針が間違った方向にいくことはないでしょう。

どんな小さな町にでも、貧困で苦しんでいる人、学校へ行きたくても行かれず部屋にこもっている児童生徒、働きたいのにうつで身体が思うように動かない若者がいるはずです。
彼らこそ、お釈迦さまの教えによって本当に救われるかもしれない人たち。なのに、どうしてお寺へ相談に来ないのでしょう?

さまざまな理由で、生老病死苦に悩んでいる人を拒んではいませんか

☑家族経営で、若い娘もいるのに、刃物を持っているかもしれない精神病の人に出入りされては困る。

☑行き場のない人の相談に乗っていたら、何日も寺へ寝泊りされ、檀信徒からクレームが来るようになった。

☑心の悩み相談に応じるスキルがないので、相談を受ける自信がない。

ある宗派の会議でキーサゴータミーの逸話が話題になったとき、青年僧のこんな発言にハッとさせられました。

キーサゴータミーの逸話で、お釈迦様はじつは何もしていません。傾聴もしていなければ、死が誰にでも訪れるという説教を直接したわけでもない。幼いわが子を失ったキーサゴータミーを変えたのは、彼女が訪ねた一軒一軒の家々の人たちの“それぞれの死別のエピソード”であり、お釈迦さまの説法ではなかった。

上から下への説法ではなく、同じ立場の人たちからのエピソードによって、彼女は“自ら気づいた”のです。諭されたのではなく、自ら気づいたからこそ、すぐに入信したのです。

見ず知らずのかたをお寺へ招くのは、お子さまがたが自立され、ご自身だけになってからでもいいと思います。寺庭さまだけの日も多く物騒というのであれば、町の集会所で井戸端会議をしてもいいでしょう。「檀家でもない人に手厚く手をさしのべるな」と総代さんに言われたら、仏教の教えは限られた人のためのものではないことを伝えましょう。

10年後を見据えるなら、誰に手をさしのべていかねばならないのかを見極めることから始めましょう。


●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ

 

>>宗教法人で実践する「知的資産分析」は⇒ こちら

by 公開日:2015年4月9日 更新日: 
●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

☞【新刊予告】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)2017年4月8日はなまつり頃から書店店頭に並びます。
※ご予約は、お近くの書店または㈱イーストプレス営業部 FAX 03-5213-4701(TEL 03-5213-4700)まで。

・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話しします。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加します(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話しします。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話しします。
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。