スマートな隠居を、あらゆる世代へ

富岡八幡宮内婚儀殿で行われるセミナーのため、門前仲町に来ました。

この町に来ると、富岡さん深川不動さん、そしてだいぶ以前にお世話になった永代寺さんをお参りするのがコース。

ひと休みは、早朝からオープンしているモンズカフェです。

私の学生時代、吉祥寺にはインドカリーの専門店が10件近くありました。

インド思想史を学んでいた頃は、週に一度くらいインドカリー専門店に足を運んでいたと思います。

あの頃、インド古代史とガンディーの思想とマックス・ウェーバー(プロ倫)にドップリだと思い込んでいたのですが、たくさんの僧侶のかたと知り合い、インドの気候に近い環境でヨガをたしなむ現在のほうが、当時以上にドップリかもしれません。

仕事で南阿佐ヶ谷へ来て、当時訪れていたような、かなり濃い感じの本格インド料理に邂逅しました。

駅近くにも店があるようですが、本日立ち寄ったのはKUMARI南阿佐ヶ谷店

評価の高さにふさわしい、生姜のきいた良質なカリーでした。

都庁に手続きに行くとき、ランチの場所はどこも長蛇の列で、結局少し時間をずらして都庁内のレストランで済ませてしまうことが多かった。

今日は、新宿駅西口から都庁に行く途中の三井ビルB1で、今年オープンしたばかりの博多華味鳥を発見。

同フロアにもある博多の鶏料理専門店が新規出店した麺屋です。

柚子の香りが嬉しい。年度末の多忙に、ちょこっとご褒美。

鳥取県行政書士会の研修講演におうかがいしたついでに、ご案内いただきました。

小高い丘の上に建つ神社で、江戸期までは海に浮かぶ島だったそうです。

187段の石段を登った先は、日本海を見渡す絶景。

出雲大社の方角を向けしめ縄のかけられた門もありました。

お客さまの法人を訪ねて八丁堀に来ました。

さ和鳥という、水炊きと親子丼の専門店に入ると、ランチに鶏担々麺が。

上質の出汁に品のいい細麺、絶品です。

つぎは、親子丼にもトライしたいです。

打ち合わせが飛んだので今日は休暇にし、肩を治しに午前は鍼灸とリハビリ、午後から「前野原温泉さやの湯処」に来ました。

いつになくカップルが多いです。中高年カップルも混じっているけど、大半は20代後半くらいの若いカップル。

仲睦まじいカップルがこれだけ多かったら、国内事情も少しずつ良くなる気がします!

 

 

20年前、原因不明の病で先の見えなかった頃。清水寺の音羽の滝で、転機をいただきました。

当時はこの泉に賽銭をする人が多かったのですが、病をなんとかしたい気持ちもあり、少しでも遠くへコインを投げ入れようとして、勢いで、真夏のサンダル履きのままイズミの中へジャポンと入ってしまったのです。

清水を土足で汚してしまった、という申し訳ない気持ちが強く残り、潜在意識の中で“仏さまごとで御恩送りをせねば”との思いに火が灯されたキッカケがそこにあったように思います。

午後は、というカフェで友人と仏教国際交流について語らいました。

日本国内にいると寺院消滅とか墓じまいという声が目立ちますが、じつはアジアの中で仏教学が学問としてもっとも確立されているのはここ、日本なのです。

そんな語らいをするにふさわしい、清水寺に程近いカフェでした。

友人は、ゆばおろし丼。私は豚角煮丼でランチしました。

古民家風の店が並ぶ八坂の塔付近の町並みは、たたずむだけでほっとします。

 

お客さまを訪ねて月島へ来ました。

近くのカフェで、久しぶりにツェッペリンを耳にしました。

月島は、下町情緒と今風が混在した魅力的な町ですが… 板橋区民感覚からすると、もんじゃもカフェもお高くて少しびっくりです(x_x)

年末も変わりなく落ち着いた、隠居にふさわしい空間が嬉しい皇琲亭

年末年始。墓じまいの語らいなどは、雑司が谷界隈を散策後、こちらでいかがでしょう。

 

講演で仙台泊。駅の東口に、出羽三山や恐山の気を感じられる塩竃神社がありました。

朝から思いがけずお詣りできるのは、ありがたいことです。

 

打ち合わせが早く終わったので、10周年でリニューアルオープンした「さやの湯処」へ来てみました!

岩盤浴で肩のリハビリに励みます。

二度目の参拝です。

前回、清らかなパワーに感涙してこちらの脇の鳥居を見逃していたのですが、この奥に願い石と狐の穴があり、今回は奥までお詣りすることができました。

病は癒え、願が開ける気に充ちていました。

なんと、門前仲町でコエドビールを出してくれる店があるとは!

モンズカフェ。かつて河肥から追われたあとお世話になった永代寺さんの、斜向かいです。

ちょうど3年間おつきあいした御霊に、もう私を使うのは諦めましょうよと、離れていただきました。

前のFPフォーラム打ち合わせが早く終わったので、上島珈琲店で一息。

季節限定で特別な豆のブレンドを出すようになったんですね。喜ばしいことです。

このあとは、月例のライフエンディング研究会@武蔵野プレイスです。

仏教会さんの研修講演で、上尾にやって参りました。

市役所近くのイルモンドピッコロでレジュメに目を通しながら腹ごしらえ。しっかり茹であげたパスタと珈琲とプチドルチェで千円切る満足度120%でした。

この世とあの世はすべてがアベコベ。そんな話を、お坊さまがたとします。

東京観光専門学校葬祭ディレクターコースの非常勤講師出講日にしばしば立ち寄るCafe Katy

お堀の緑が見渡せる、オアシススポットです。

フォームドミルクの泡はきめ細かく絶妙。テイクアウトのサンドイッチも重宝します。

●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)

・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話しします。
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして登壇します。
・2018年6月5日~6日、関東総和会シンポジウムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。