スマートな隠居を、あらゆる世代へ

墓地を返還するときは、撤去工事をして更地にして返還します。

その工事費用の相場は、1坪あたり10~15万円といわれます。
お墓の1坪は半畳なので、ふつう程度の広さで20~30万円かかることが多く、少し大きめの墓地であれば40~50万になることもあります。

弊事務所で改葬許可申請手続きをサポートした事例で、石材店からの撤去費の見積もりが50万円以上という事例もありました。
床材に一枚岩を用いていて、搬出時には工具を入れて割るか、通路の手すりを外さなければ通せなかったため、通常より割り増しになったケースや、平地でなく斜面の上にあってクレーン車を入れなければ運び出せないなどのケースです。

墓地の撤去費用、なぜ高いの?

家を壊すときの1週間もかかる工事だって200万円くらいで済むのに、家よりずっと小さく、数時間で終わる工事で、どうしてそんなに費用がかかるの?

という声も聞きます。

答えは、「壊すのにかかる人件費だけではないから」です。
墓石は天然石なので、コンクリートに混ぜて再利用することが難しいため、石材店は下請けの産廃業者に頼んで遠方まで運んでもらわなければならなかったりします。

また、良心的な業者であれば、地下のカロート(遺骨を埋蔵していた場所)周辺の土もすべて取り除き、新たな土に入れ替えます。土葬時代の遺骨が混入している可能性があるからだそうです。

このように、住宅の取り壊しとは異なる手間や運搬の費用がかかるために、小さくても費用がそれなりにかさんでしまうようです。

墓じまいにかかる、実費以外の費用

墓じまいの費用というと、もとのお墓が寺墓地にある場合、ほとんどの人が「離檀料」を気になさいます。

娘しかいないのでいずれ墓をしまわなければならないが、お寺に高いことを言われそう…

 

うちの菩提寺は、法事でも何でも高いことを言うから、墓じまいするときは相当言われるんだろうなぁ…

月に数度は、そういった声を耳にします。

しかし、誤解も多いようです。

〝離檀料〟は要らない。必要なのは、閉眼供養のお布施

まず、〝離檀料〟という名目で金銭を支払う必要はない、と私は考えています(※)。
檀家をやめるのに手切れ金を払わなければいけないようでは、憲法20条の「信教の自由」に反します。

しかし、墓石には開眼のとき御魂を入れていただいていますから(浄土真宗以外)、そのままで産業廃棄物にするのは、撤去する石材店の人だって嫌がります。

だから、墓じまいをするなら和尚さんに閉眼供養をお願いし、読経していただく必要があります。
御魂を抜くための読経だけなら3万~5万円くらいでやってくださることが多いですが、永年お墓を守ってきていただいたのですから、和尚さんとの関係が悪くないがやむをえず墓じまいをするのであれば、お礼の気持ちを込めて従来の回忌法要でお包みしていた金額の数回分程度をお納めするのがよいのではないかと思います(閉眼供養をしない浄土真宗の場合も、お礼の気持ちはお渡しするのがよいでしょう)。
法事のとき数万円お包みするご家庭なら10万円前後。
いつも10万くらいお包みされているご家庭なら、30万円以上(上限はありませんので、やむなく墓じまいするけれどお寺を応援したい気持ちがあれば、もっとお布施しても構いません)という感じでしょうか。

むろん、自由なお礼の気持ちですから、寺檀関係がよくない場合(和尚さんに感謝できないような場合)には、撤去費用+最低限のお布施(数万円)でもしかたがないと思います。

※「離檀料」という名目でも、閉眼供養のお布施と合葬後の供養についてのお礼として10万円程度を定めているだけのお寺もあります。この場合は〝法外な要求〟とはいえないので、よほどの理由がない限りは従いましょう。

寺格が高いから、去るときのお礼も高いとは限らない!

修繕費の寄附依頼などは、寺の規模が大きかったり、寺格が高かったりすれば、それなりに高額になります。

家族規模で運営されている町や村のお寺と較べ、修行僧が何人もいらっしゃるような中規模のお寺は、構造物としての大きさもありますし、不特定多数の人が参拝に来ますので、安全面に配慮し、防火や耐震に費用をかけなければならないからです。

しかし、墓じまいとなると事情は異なります。

地域で名の通った中規模寺院は、昨今でも墓を求める人が絶えないので、「墓じまいをしたい」と切り出しても引き留めることもなく、「どうぞどうぞ」と受諾してもらえる場合がほとんどです。墓を建てたくても空きがないので、待機している人が大勢いらっしゃるからです。

ある宗派の本山では、「墓じまい(離檀)のお布施は何百万と言われるのだろう……」と戦々恐々と相談にみえた檀家さんがいらっしゃいましたが、「昨今はそういう話がよくありますから。50万円でいいですよ」とあっさり定額を言われてしまいました。
同じ宗派の地方寺院の状況をみている私としては、「本山がそんなに安く言ってしまっては、地方の末寺はそれより高く言いづらくなってしまう。人口が減るいっぽうの地域にある寺は生き残れなくなってしまうではないか」と、むしろ軽い憤りすらおぼえたくらいです。

本山のような大規模寺院は、数年ごとに人事が交代します。彼らは給与をきちんともらえればそれでよく、寺に入ってくるお金が高かろうが安かろうが、さして気にも留めないわけです。

というわけで、むしろ簡単に撤去させてくれない話が多いのは、墓じまいが起きたらそのあとの補充はない、という人口減少エリアのお寺のほうなのです。

墓じまい(離檀)の話を切り出すときのコツ

墓じまいの話を切り出すときは、そう決心せざるをえなかった事情からお話ししましょう。
可能であれば、いきなり離檀を含めた話にするのではなく、数年計画で少しずつ進めることを考えます。

娘しかいないので、将来お墓をどうしたものかと思っていまして……

など、〝お墓についての相談〟という形で切り出しましょう。

もしかすると、そのお寺でも納骨堂や永代供養墓の建設を予定しているかもしれません。継ぐ人がおらず先祖代々の墓を片付けなければならないとしても、お寺に永代供養墓ができれば、離檀はせずに先祖とともにそこへ眠るという選択肢も出てきます。

また、こちらの前記事のように、死後事務委任をお寺に依頼し、人生の最後までおつきあいし、墓じまいは生前予約でお寺に委託してしまうという方法もあります。

都市部の納骨堂に移りたいなどの事情があり、どうしてもお寺とのつきあいそのものをやめなければならない場合は、「閉眼供養のお礼をそれなりにお包みする気持ちがある」ということや、撤去費用の実費は支払う用意があるということを、きちんと伝えましょう。そのようにお話ししてゆけば、離檀料という言葉はそもそも出てくることがないはずです。

●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)

・7月26日(水)岩手県立大学社会福祉学部 宮城好郎ゼミにて、お墓と僧侶の社会貢献についてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話しします。
・9月15日(金)曹洞宗岐阜県宗務所青年会共催研修会にてお話しします。
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして登壇します。
・2018年1月25日 総和会埼玉県支部にてお話しします。
・2018年6月5日~6日、関東総和会シンポジウムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話ししました。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。