スマートな隠居を、あらゆる世代へ

遺産分割協議がやっと調ったので登記をしようとしたら、法務局の人から、「一度、共有で相続登記してしまったあと、持ち分を変更登記したら、兄弟間贈与なので贈与税がかかるのでは?」と言われてしまいました。

母の相続です。

3人兄弟の長男は地方住まいのため、別荘をもらい納得しました。
残る資産は、現金200万円と、東京近郊にある自宅(土地の評価額約3000万)でした。
二男と三男はどちらも持ち家があり、いますぐ実家に住む予定はありません。しかし、幼少からの思い出の詰まったわが家。三兄弟それぞれ結婚したあとも、お盆と正月には皆が子連れで集まり、集合写真を撮ったわが家を、売りに出して換価分割する気持ちにはなれませんでした。

長男は、分割協議のため毎週末上京するのにも疲れ、「共有でもなんでもいいから、早いところ名義変更登記を済ませてくれ」と急かします。
二男も会社の同僚から、「遺産分割協議には期限があって、10ヵ月以内にしないと税金が高くなるはずだ」(※)と聞かされ、その期限が迫っていたため、とりあえず簡単な分割協議書をつくって二男と三男1/2ずつの共有で登記をしてしまいました。
※これは「相続税の申告の期限」の勘違いで、遺産分割協議には期限はありません。この相続では、葬儀費用などを控除すれば、ギリギリ基礎控除の範囲内でしたので、本来は、相続税の申告期限を気にする必要はありませんでした。

その後、話し合いを重ねたら「二男が名義を全部もらい、三男に現金を1000万円渡す」ということで落ち着いたのです。

前の登記は、相続に期限があると勘違いしての登記だから、前回登記に添付した遺産分割協議書は無効として、新たに分割協議をやり直したいとのこと。

具体的に前回作成の遺産分割協議書を見せていただいたところ、法務局の指導に従い不動産部分の表記をしてあるだけで、預金については内容さえ書かれていませんでした。

このケースでは、たまたま最初の協議書にかなりの不備があり、その遺産分割協議書のままでは銀行口座の解約手続きなどができないため、新たに遺産分割協議書を作り直し、はじめの登記を錯誤無効とすることができました。

しかし一般的には、いったん「相続」を原因とする登記をしてしまったら、その後のやりとりは「売買」の扱いになります。
遺産分割協議書に署名捺印するということは、「この分けかたで異存はありません」という意思表示となります。

くれぐれも、「とりあえず」で捺印することのないよう、ご注意ください。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ
●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

☞【新刊予告】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)2017年4月8日はなまつり頃から書店店頭に並びます。
※ご予約は、お近くの書店または㈱イーストプレス営業部 FAX 03-5213-4701(TEL 03-5213-4700)まで。

・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話しします。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加します(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話しします。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話しします。
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。