スマートな隠居を、あらゆる世代へ

中3二女の受験用に東京都の「チャレンジ支援金」を申請するため、

日曜日に、コンビニで、印鑑証明書等をゲット!

してみました。

コンビニでの各種証明書のとりかたプロセス

①まずは複合機(コピー機)のところへ行き、「行政サービス」を選択

「証明書交付サービス」を選択

②「証明書交付サービス」を選択(セブンイレブンの場合は左側、でした)

今回は自分の住んでいる板橋区での取得なので、「お住いの市区町村の証明書」を選択

③住んでいる区内での取得なので、「お住まいの市区町村の証明書」を選択

④今回は、印鑑証明書、を選びました。

④印鑑証明書、を選びました。住民票や課税証明書なども取得可能です。

④マイナンバーカードを所定の場所にセット。記載番号を隠すカバーをつけたままでOKでした。

⑤マイナンバーカードをセット。番号を隠すカバーをつけたままでOKでした。

マイナンバーカード受け取りのとき設定した4桁の暗証番号を入力

⑥マイナンバーカード受け取りのとき設定した4桁の暗証番号を入力

⑦発行手数料200円を投入。コピー(用紙とトナー)代が別途かかる、なんてことはありませんでした!

⑦発行手数料200円を投入。コピー(用紙とトナー)代はかかりませんでした!

⑧印刷されてきました。操作時間は、都内各区の「自動交付機」よりもだいぶ早ったです!

⑧印刷完了。操作時間は、都内各区の「自動交付機」よりもだいぶ早ったです!

案外使えた、個人番号(マイナンバー)カード

個人番号(マイナンバー)の通知カード(※)が届いて2週間後の1月にスマートフォンで家族全員分写真を撮り、個人番号カードの申請をしたのに、待てど暮らせど「交付通知書」が来ませんでした。申請していたことも忘れ去った半年後の6月末、ようやく「交付通知書」が手元に届き、区役所に「受け取り予約」をしました。
※「通知カード」ははじめに番号を知らせるために送られてきたペラペラの紙。「個人番号カード」は、身分証明書となる、いわゆるカードサイズの免許証のようなしっかりとしたもの。その両方を「カード」と呼んでしまうから、一般市民は何がなんだか理解できないですよね。

【マイナンバーカード受け取りまでのプロセス】

通知カード(番号が記載されたペラペラの用紙)についてきた説明を読む➡オンラインや窓口でマイナンバーカードの「交付申請」➡数週間~数ヵ月待つと、「交付通知書」が届く➡市区町村窓口にマイナンバーカードを受け取りに行くための「予約申し込み」をする(行政庁によってはオンライン申請可能)➡予約した日に、受け取り窓口へ行って、暗証番号の登録などをする(私の場合は、一家5人で行ったところ、老父や子どもの操作は私が立ち会ったため、約1時間かかりました)

入手までは長い長い道のりでしたが、日曜日にコンビニエンスストアで証明書を取得できたときの爽快感で、それまでの苦労は吹き飛んでしまいました^^;

この個人番号(マイナンバー)カード。
番号が隠れる透明カバーと一緒に渡されました。スキミング防止のプロテクターも市販され始めています。

現状のカバーはカード自体すぐに取り出せてしまいますが、一般の人がマイナンバー自体を確認する場面というのは、いまのところ給与をもらう先が変わったときくらいで、そう頻繁に番号を確認することはなさそうです。
というわけで、将来パウチみたいに簡単には開けられない構造のものが出てくれば、顔写真以外はすべてICに入っているカードなので、住所などが見えるところに記載されている運転免許証などより、拾われたときに見えてしまう個人情報が少ない優秀な身分証明といえるかもしれません。
※犯罪目的以外だったら、拾ったとしても、そのパウチ的な、ハサミを使わないと開けられないカバー(そういうものが将来開発されたとすれば…ですが)を故意には開けないと思いますし。

残念ながらまだ、全国どこでもコンビニ取得ができるわけではない!
普及は1年半後くらいか…

マイナンバーは総務省のシステム。コンビニは全国津々浦々どこにでもある。

じゃあ全国どこでも、証明書がコンビニで取得できるようになったの? というと、残念ながらそうではないんです。コンビニでの証明書取得は、「市区町村のシステムと、各コンビニエンスストアのシステムとが連携」しなければ実現しないんだそうで。

総務省HP「マイナンバーカード総合サイト」によれば、

  • 現在、約100市区町村がサービスを導入し、約2,000万人が利用できます。
  • 平成28年度中に、導入市区町村は約300に増加し、約6,000万人が利用できることとなる予定です。
  • 将来的には、導入市区町村は約800に増加し、約1.1億人が利用できることとなる見込みです。

取得できる証明書(※)

□住民票の写し

□印鑑登録証明書

□住民票記載事項証明書

□各種税証明書

□戸籍証明書

□戸籍の附票の写し

※お住まいの市区町村によりサービスの内容が異なります。

 

「お住いの市区町村により」というのがクセモノですね。

地方都市でもすでに取得可能なところがけっこうあります。一方で、首都圏でもまったく出遅れている市区町村も。

抜き打ちで問い合わせてみた近県の状況では、船橋市はOKだけれど、八千代市は「1年半以内には完備予定」とのことでした。通勤圏内でもこんなに差があるとは^^;

行政書士としては、印鑑証明書だけはお客さまご自身に取得いただかなければならないので、はやく全国的に「いつでもコンビニ取得可能」になってもらいたいところです。

●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)

・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話しします。
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして登壇します。
・2018年6月5日~6日、関東総和会シンポジウムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。