スマートな隠居を、あらゆる世代へ

「永住」や「配偶者等」の在留資格を持っている人がいないケースのご質問として、お答えします。

①在留資格(ビザ)「経営管理」を取得できる人が1人は必要です。設立時役員候補の中に、条件に合う人がいるか確認しましょう。
※「永住」や「配偶者等」の在留資格を持つ人がいて、そのかたを設立時取締役とすれば、在留資格「経営管理」の人がいなくても大丈夫です。
②予定している仕事に必要な許認可をよく確認し、取得するための条件を満たした機関設計にしましょう。定款の「目的」や「事業」の書きかたも、許認可を申請する行政庁(役所)に確認します。
ex)たとえば、人材紹介サービスを想定しているなら「職業紹介事業者」の許可が必要です。定款には、「職業を紹介する事業」と明記しなければなりませんし、その事業を管轄する取締役は「職業紹介責任者講習」を受けなければなりません。また、事務所のレイアウトにも要件があるので、事前に相談しましょう。
③会社の設立は、司法書士や税理士もサポートしますし、設立の登記は司法書士でないとできませんが、許認可やビザについては、行政書士でないとわかりません。年金や保険、労務のことは、社会保険労務士でないとわかりません。
何人もの専門家にアドバイスを受ける必要があるので、余裕をもった資金計画を立ててから設立しましょう。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ
●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,554人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)

【講演予定&履歴】
・9月4日(月)向島仏教会にてお話しします。
・9月15日(金)曹洞宗岐阜県宗務所青年会共催研修会にてお話しします。
・10月19日(木)真言宗智山派研修にてお話しします。
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして登壇します。
・2018年1月25日 総和会埼玉県支部にてお話しします。
・2018年6月5日~6日、関東総和会シンポジウムにてお話しします。
-----
【過去の情報】

・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話ししました。
・7月26日(水)岩手県立大学社会福祉学部 宮城好郎ゼミにて、お墓と僧侶の社会貢献についてお話ししました。
・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話ししました。
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。