スマートな隠居を、あらゆる世代へ

法人は、設立すればおわりというわけではありません。

古物販売業許可、酒類販売業許可免許など業務内容によっては各種の許可申請を伴います。こちらOK行政書士事務所では、外国人の招聘や風営(風適法関連)許可申請に強い提携行政書士と同時並行で業務を進めることで、「開業と許可申請のセット」でのスピーディな対応をしております。

経営陣として外国人を雇用する場合、設立直後に入管への在留資格変更等申請ができるよう、事業計画のヒアリングや必要書類の取り寄せを設立業務と並行して行う必要があります。
必要な許可は、とりあえずは設立してしまってから申請すればいいと思っていても、許可が出るまで数ヵ月かかるものも多いので注意が必要です。許可が間に合わないために、予定していた初期取引ができなくなれば、法人経営の根幹を揺るがします。

主婦で起業されるかたなどへも、定款内容についてのわかりやすい説明をしながら(たとえば、公告の方法を電子にするのと官報にするのってどう違うの?など)、起業の不安を解消し設立までをがっちりサポートしてきた実績多数。

クリエイター系の顧客も多く、開業後も、著作権関係の契約書作成等さまざまなバックアップをさせていただいております。

社労士・中小企業診断士の仲間とともに、助成金等のアドバイスも充実。

もちろん電子定款対応。

 

* * *

【株式会社設立の流れ】※LLP、LLCも受任できます。

定款内容がかたまってから、5日~1週間程度で設立登記申請できます。

≪ご用意いただくもの≫

・法人代表印
(ネット注文で3日以内にできる場合が多いです。銀行印、レシート等に押す角印とセットで10000~30000円程度)

・発起人全員の印鑑証明書

・設立時取締役の印鑑証明書
(設立時代表取締役と発起人を兼務するかたの印鑑証明書は2通必要となります)

・定款案(任意団体としての規約等、あればご用意ください)

ステップ① 定款の作成・見直し

ステップ② 公証役場と定款内容のチェック(必要があれば修正)

ステップ③ 発起人全員(※)の署名・ご捺印
※遠方の場合、代表発起人のみで可能な場合もあります

◆法人代表印は、この時点までにご用意ください。

ステップ④ 公証役場への電子定款認証申請

◆このとき、50000円の公証役場手数料と、定款謄本の印刷実費(2部分)数千円がかかります。

ステップ⑤ 提携司法書士へ引き継いで登記申請書類の作成

◆発起人と設立時取締役全員の署名、ご捺印が必要です。郵送でのお手続き可能。

ステップ⑥ 登記申請(提携司法書士が電子申請でおこないます)

◆このとき、60000円の登録免許税と、できあがった「登記事項証明書」、「印鑑証明書」取得のための実費数千円が必要となります。

◆登記申請した日が「設立日」となります。
・記念日、大安吉日等を検討される場合は、ここから逆算して早めのご相談をお願いします。
・定款作成~の場合、2週間程度の余裕をみてください。定款が完成してから、必要な捺印等が即時可能な場合で3~5日程度で申請できます。

ステップ⑦ 登記完了後、司法書士から「登記事項証明書」、「印鑑カード」、「印鑑証明書」等が届く。

⇒届いた「登記事項証明書」や「印鑑証明書」をつかって、法人銀行口座開設、税務署への開業届、ねんきん事務所での社会保険手続き等をおこなってください。
※必要な場合は、税理士、社会保険労務士をご紹介できます。

連絡業務は「こちらOK行政書士事務所」で行いますので、ステップ⑤以降も、司法書士とコンタクトしていただかなくても進められます。今後のために司法書士との面会を希望される場合は、同席してご紹介いたします(提携司法書士所在は、池袋もしくは岩本町)。

town1

【株式会社 設立費用目安】(消費税別)

※発起人数名、取締役1~2名規模の場合です。

※1週間以内のスピード設立は、行政書士・司法書士それぞれ+20%(休日対応+30%)の特急料金をいただいております。

※助成金申請等がある場合、数か月前からのご相談が必要です。助成金申請に実績ある提携中小企業診断士、提携社会保険労務士をご紹介いたします。

設立規模にもよりますが、「法定費用含め」おおむね38万円前後~設立できます。

◆行政書士報酬 17万円~

公証役場手数料50000円+
定款謄本印刷代数千円を含みます。

◆司法書士報酬 23万円~

登録免許税150000円(資本金2000万円以上の場合は増額)+
書類申請実費数千円を含みます。

設立費用計 40万円~ ※設立規模により増減があります。

◆うち税・手数料等 公的費用計 約21万円(※)

※ご自身で設立される場合でも、この21万円は同額です。さらに、電子申請でないときは、この21万円に加えて定款認証のとき印紙代4万円がかかります。

 

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ

<<「法人設立」へ戻る

by 公開日:2011年2月4日 更新日: 
●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

☞前著の続編をイースト新書にて執筆中です(2017年4月10日発刊予定)。

・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話しします。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加します(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・4月13日(木) 埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話しします。
・6月21日(水) 曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。