スマートな隠居を、あらゆる世代へ

寺院墓地を未使用で解約するので、何十年も前に支払った永代使用料の一部を返還してほしいと言われたら、どう答えますか?

なんと過去に「不当利得アリ」で返還を命じる判決が!

お父さまが亡くなりました。次男だったお父さまは、20年ほど前に、あるお寺で自分の墓を建て、永代使用料を一括で払っていました。
遺族は奥さんと最近嫁いだ娘さん一人。母娘は最近、「継承する必要のないお墓」のことを勉強し、お父さんが建てた石のお墓ではなく、お父さんの遺骨を新たに契約した永代供養墓に入れたいと考え始めました。このお墓には、まだどなたの遺骨も入っていません。そこで、「お父さんが支払った永代使用料は、おそらく三十三回忌までは入る予定の金額だから、契約してからまだ20年しか経っていないなら、一部は返金してもらえるのではないか」と考え、お寺へ相談に見えたのです。

平成19年に京都地裁で判例が1つ出ています。
今回の相談事例と同様に、故人Aの相続人が、Aさんが生前に永代使用契約した墓地(墓石は建っていない。契約時65万円一括払い)を未使用で解約するので、宗教法人に対し、「不当利得」(使われていない権利)があるだろうと訴えたものです。
1審ではなんと、「宗教法人からAの相続人に4割相当の26万円(+利息)を支払え」との判決が出ました。
しかし、宗教法人側が不服として控訴し、第2審では覆って「不当利得なし」とされました。

「不当利得なし」の判決理由

①一括払い+使用規則に未使用解約の場合の返還金が記されていない以上、返還を予定しないものであったと解される。永代使用料は、使用期間に対応した使用の対価とはいえず,墓地使用権の設定に対する対価と解するのが相当。
(つまり、「ついのすみかを得られた」という安心のもとにAさんは亡くなるまで過ごせたので、その価値が65万円ということでしょう)
②(仮に返還を予定するものであったとしても)宗教法人側は、14年間の間、これを他に使用させることができなかったのだから、その間に消費されており、不当利得は残存しない。
③(あとになって「使用しない」と申し出たことは)墓地使用権の放棄であって,支払済みの本件墓地使用料の全部又は一部について不当利得返還請求権が発生するとは
いえない。

お寺さまにとっては、非常に心強い判決ですね。

ただし、この判決の平成19年から現在までの間に、葬祭事情は大きく変わりました。
現在は、より安価な葬りかたが浸透していますので、注意が必要です。
そして判決理由の②で、「14年間に消費されている」とあるので、契約から現在までの期間がこれよりも短ければ、残存利得がある、と言われてしまう余地があります。

以下、私見です。

・もし墓石がまだ建っていなかったとしても、外柵工事などが完了していれば、「撤去工事」をする必要があろうから、その工事費を解約者が支払い更地にして戻してもらうのが当然。
・(カロートや外柵がすでにあるなら)返還すべき金額があるとしても、撤去工事料と差し引きしたら、何も残らないのではないか。
・更地で、そのまま他の契約が可能であるなら、ケースバイケースですが、お気持ちで数割返還なさるのもひとつの方法かもしれません(あまり事を荒立てられてしまうよりは…)。

生き死にのことを話せる場が必要

しかし本来は、お父さまが一括払いされた時点で、亡くなるまでの間の「ついの住み処があるという安心感」を買われたわけですから、たとえ更地のまま未使用だったとしても、永代使用料はその安心で消費されているはずと思います。
「墓があるから安心だ」ということを、もしもお父さまが生前におっしゃっていれば、娘さんとてこのような申し出はしなかったかもしれません。

生き死にの話を気軽にできる環境や場づくりを、お寺が主導で提供してゆくのもこれからの課題かもしれません。

●こちらOK行政書士事務所では、個別のお問合せを歓迎しております。
【メール相談2往復まで無料】➡こちらのメールフォームからどうぞ
●更新記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

☞【新刊】『聖の社会学』イースト新書(907円+税)

・6月21日(水)曹洞宗埼玉県第一宗務所現職研修会にてお話しします。
・7月27日(木)曹洞宗東北管区教化センター教化フォーラムにてお話しします。
・9月4日(月)向島仏教会にてお話しします。
・11月6日(月)曹洞宗有道会東京大会にて、パネラーとして登壇します。
・2018年6月5日~6日、関東総和会シンポジウムにてお話しします。
-----
【過去の情報】
・4月13日(木)埼玉県曹洞宗教化研究会にてお話ししました。
・3月27日(月)真言宗智山教化センター勉強会にてお話ししました。
・3月20日(月・祝)、築地本願寺和田堀廟所の相談カフェに参加しました(途中2回ほどセミナー登壇あり)。
・3月18(土)、19(日)の両日、10時~築地本願寺にてお話ししました。
・2月25日(土)浄土真宗本願寺派(西本願寺)東京教区芝組公開講座にて、大來尚順さんとお話ししました。
・2016年12月5日(月)テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー「墓じまい特集」で取材を受けました。
・2016年11月27日(日)曹洞宗福島布教の会でお話ししました。
・2016年11月17日(木)日本生命GLAD推進室にてお話ししました。
・2016年10月23日(日)浄土真宗築地本願寺和田堀分院報恩講にてお話ししました。
・2016年7月20日(水)浄土宗西山禅林寺派(姫路地区)にてお話ししました。
・2016年7月11日(月)真宗興正派西讃教務所僧侶研修会にてお話ししました。
・2016年7月9日(土)江東区の「女性センター」にて、「シニア起業のすすめ~老後プランを起業が支える」を開催しました。後編は2016年8月20日(土)猪田昭一税理士による「事業計画書作成のツボコツ」です。
・JWAVE番組Jam the WorldのCase Fileという5分コーナー(21:25~21:30頃)で、6/26(月)~7/1(金)まで5日間、「派遣僧侶」についてお話ししました。
・2016年6月29日(水)曹洞宗福島布教の会にてお話ししました。
・2016年6月17日(金)千葉県曹洞宗青年会にて「宗教法人の相続の心得」についてお話ししました。
・2016年5月11日(水)昨年にひき続き、福岡県祖門会にてお話ししました。
・2016年4月8日(金)浄土宗教化研修会館オープニングシンポジウムに山折哲雄先生と出演しました。
・2016年2月27日(土)鳥取県行政書士会にて「葬儀から見た行政書士業務」についてお話ししました。
・2016年2月13日(土)池袋FPフォーラムにて、「額に皺の寄らない遺言相続」というテーマでお話ししました(ボランティア講師)。
・2016年2月9日(火)浄土宗青年会全国大会にて「競争原理の枷を外す“いいお坊さん”になろう」というテーマでお話ししました。
・2016年1月13日(水)永観堂にて禅林寺派研修にてお話ししました。
・2015年12月13日(日)宮城県曹洞宗青年会にてお話ししました。
・2015年11月27日(金)上尾市仏教会にてお話ししました。
・2015年10月30日(金)千葉県曹洞宗青年会にてお話ししました。

・2015年10月28日(水)曹洞宗学術大会にて、「寺院再編論」を発表しました。

・曹洞宗宗務長将来像策定分科会委員として、およそ2年にわたる第1~第2分科会の委員任期を終えました。
※特別座談会の模様はこちら

・2015年7月22日 東京都行政書士会 目黒・港・品川・大田支部合同研修にて、墓地と死後事務の最前線についてお話ししました。
・2015年6月23日 安中市仏教会にて「スマートな隠居~好々爺&キュートなおばあちゃんになろう!~②」という内容で、昨年にひき続きお話ししました。
・2015年5月22日 福岡祖門会にて、地域の核としてお寺を活かすには?という内容でお話ししました。
・2015年4月19日 安中市桂昌寺にて、檀信徒さま向けにお話ししました。